白昼夢

白昼夢

オタクが楽しいことを書き連ねるだけ。

1日1ブログ その243:内田将綺くん

こんにちは、緑風です。

 

先日、突如なぜか学芸大青春の沼にはまってしまいました。

midorikaze-9375.hatenablog.com

 それで今いろいろとあさっている最中なのですが、私最初何本か見て推しは勇仁くんか蓮くんだな~って思ったんですよ。で、見ているうちにそれはあんまり変わらなかったんですが、意外や意外、割と騒がしいタイプであまりはまらなさそうだなと思っていた内田将綺くんがまさかの沼…でした…!!!

というお話を今日はしたいと思います。

 

まず将綺くんて誰よ?という動画をどうぞ。


【自己紹介】青春一問一答#3/内田将綺はシイタケが苦手。でもダシは好きらしい。【学芸大青春】

普段は結構動き回ってる筋肉バカっぽい子です。クラスだったら運動ができるけど運動だけのグループにいて女子からはまあまあ人気ありそうなタイプ。いやうるさがられてるけどフレンドリーに話すし意外と…って感じで好きな子がいそう。私だったら通りすがりとかに話しかけられてもアッエッ…ってアワアワして終わるね。

なので最初はそこまで惹かれない子(普段からこういうキャラにはあまりはまらない)だったのですが…!!

実はもうアーカイブは残っていないんですけど、この間初めての?実写生配信がありまして、メンバーの内田将綺くんが手元だけ映しての料理作る配信でした。

 そしたらあれ?なんかキャラ違う…?というか、一人だとそこまで騒がしくない…。しかもめちゃくちゃおしゃれなキッチンで明らかにイケメンだろう男子が手つきよく手慣れた料理なんかしてたらこれはもう…優勝じゃないですか???なんだろう、好きにならざるを得ない。

 

それから、YouTubeで公開されている3Dドラマ、漂流兄弟と同時くらいに配信されていたじゅねラジも見ました。


【3Dドラマ】『漂流兄弟』 第1話 「兄弟と地球滅亡の危機」【学芸大青春】

このドラマは5人が役を演じているものなので本人とは違う(しだいぶ役作りに苦戦されていたので真反対なんだろうな)のでちょっとあれなんですが、それにしてもかわいいんですよ。将綺くん演じるマサは兄弟の長男で反抗期マイペースな弟たちをなんとかしっかりさせなきゃと思うんだけど空回りして失敗して思いが伝わらなかったりとか、突如次男が現れて(?)場所を取られそうになったりしていて苦難してるのがかわいい。設定としてとても弟たち大好きなんだけど表には出さない感じなんですけど、ちょくちょく弟不足で死ぬ!とかうらやましすぎる!とか叫びがあってそれがすごいねえ…へなへなした叫びなのであまり本人からは見られない叫びで意外性があるというか。ギャップ…?

 


#1 学芸大青春のラジオ「じゅねラジ」2020.01.30 配信(内田将綺/相沢勇仁/星野陽介)

じゅねラジは本人の感じなんですけど、YouTubeよりは落ち着いてるしいろいろギャップで死んだ後に聞いたのでつらい。かわいい。

個人的には話の合間合間にメンバーになんか褒められたりとかの小さいタイミングで毎回サンキュー!って言うのがすごく好きですね…。あとたまに自分のこと内田っていうの…。というか単純に話してるときのリズム?テンポ?なんか文章の上がり下がりとか発音?しゃべり方?が好きだなあ…ずっと追いかけたくなるしゃべり方をするね。このしゃべり方がすっごくすっごく刺さりまくっていてつらい。しゃべるだけでかわいい。なんだろう、ちょっと斜め上から強めにしゃべるんだけど声の音と音のつながりの声がなめらか?なので聞いてて心地いい。あれかな、鼻にかかる声っていうのかなあ。

じゅねルームでは後ろでがやがやしてることが多いのにじゅねラジではすごくMCをしていて上手なので死んでしまう。

そして今AuDeeというラジオ配信のところでやっている学芸大青春の青春ラジオも頑張って追っかけているんですが…。

audee.jp

第2回からの登場です。蓮くんと二人だけなんですけどいっぱいしゃべってくれててカワイ~~!個人的にはやらせドッキリの話が好きです。

そして第4回でまさかの連からのタレコミ…将綺くんはぬいぐるみ1匹と一緒に寝ている…!かわいいじゃん。某遊園地の青いの…ジェラさん…??どうやら妹さんがベッドが質素すぎると言って置いていったらしい。

あとアプリで出ているバクステ(本人たちのインタビューをもとにゲームのストーリーみたいにしたやつ)も途中まで読んでみました。これは…なかなか厳しい世界なんだなあと思ったしちょっと読むのがつらかった。でも最近もうみんなの声が脳内再生余裕になってきたのでボイスなしでも読むのが面白かった。次回から漂流兄弟編なので楽しみ。それにしても将綺くんメンタル大黒柱すぎん?いったいどこでそんな培ってきたの…個別ストーリーもあるみたいなので順次読んでこうと思います。

 

てな感じで順調に沼に…落ちてます…。最初からかっこいいなと思った勇仁くんもいいのだけど、彼はちょっと理解が追いつかないくらい素でかっこいいというか女たらしと言うか恐ろしい存在なのでなんか身近には感じづらくてですね…。

私普段キャラクターに対して夢という考えにはならないのですが、このコンテンツあまりにも存在が近くて夢に近い、というかリア恋に近い感じになってしまうね。それでいて将綺くんのフレンドリーさ溢れる性格でさらにね…。前に友達が推しに対して同じクラスメイトの夢モブ女子になってしまう…みたいなことを言っていて???だったのですがなんとなく理解ができた。そういうことか…。

とはいえまあガチ恋しているわけでもなく、2次元に対するかわいい!という感情でもなく、やっぱり3次元の推しに対するかわいいかっこいいと同じ気持ちだなあと思いました。面白いなあ。

やっぱり、このコンテンツってすごい発想だし面白いし、革命的だなと思っていて。普通は3次元の子たちって歌とかダンスがメインではあるけど、結局顔で選ばれてしまう。こちらもあまりに多いとそういう区別はすぐにはつかないのでやっぱり顔で好みを選んでしまうよね。同じグループだったりしたら一緒に見ていくうちに他の人もわかって行ってみんな好きになるけど、それも割と売れてからだし。対してこのコンテンツは2次元絵が最初に来て、まあそこで顔で選ぶとかはあるけど、あまり変わらない。しいて言うならちょっとずつ違う髪型とかだけど、基本的には中身を見て決めることが多いと思う。あと性格。つまりね、本当は3次元なんだけど、基本は2次元で本来の顔は出さずに姿もぼんやりとした姿でしか出してないと、ファン側は姿を見ずに動き方や話、声、性格とかで推しが定まっていくわけですよ。で、もう完全に推し!ってなったときに本来の姿を見せても、そこから顔とか印象が思ってたのと違うとかタイプじゃない、と思っても推すのはやめられないじゃないですか。もう知ってるんだもん!つまり普段自分のタイプとか好みで推しを決めて追っていた時とは違う新しいタイプの子を好きになれるんじゃないか?ってことです。

まあこれは2次元だけでも3次元だけでも、多くの子を長い間推していたらなるのかもしれないけど、これは姿が見えない分特に顕著だなと思って。

現に私は普段2次元でも3次元でも、筋肉バカとかガタイのいい子とか、テンションの高い元気な子が苦手と言うか、絶対選ばないんですね。選んじゃうのは細くてちっちゃくてかわいい中性的な子ですね(えっ最推しが全く違う?そこは置いといてください)。だから今、最初の印象で選んだ勇仁くんよりも蓮くんよりも将綺くんがかわいくて困ってるの…本人の姿、全くタイプじゃないんだろうな…こういうと失礼かもだけど。

というか上で言ったこと、よくよく考えたら一昔前の声優みたいだよね。みんな神谷さんの顔がどうとか言ってたもんなあ…

 

というわけで今回は、学芸大青春の内田将綺くんのお話でした!

ほんとにね…予想外の沼でびっくりしてるんですけどめっちゃかわいいのでぜひ…ぜひ今回紹介した動画とかをぜひ見てみてください…!!

それではまた明日。