白昼夢

白昼夢

オタクが楽しいことを書き連ねるだけ。

ミュージカル ウェイトレスを観てきました

こんにちは、緑風です。

 

さて本日は!現在宮野さんが出演している舞台「ミュージカル ウェイトレス」を観てきました!!ので今回はその感想になります!ネタバレあるのでこれから見る方はご注意を。

www.tohostage.com

f:id:midorikaze_9375:20210312205927j:plain

現地のイベントとしては1年ぶりくらい、そして生の宮野さんはいつぶりだ…??下手したらウエストサイドストーリー以来かもしれない。

 

f:id:midorikaze_9375:20210312210009j:plain

f:id:midorikaze_9375:20210312210111j:plain

初めての日生劇場!隣に宝塚の劇場があってスゲー!ってなりました。

 

あらすじ

アメリカ南部の田舎町。そこにとびきりのパイを出すと評判のレストランがある。ウェイトレスのジェナ(高畑充希)はダメ男の夫・アール(渡辺大輔)の束縛で辛い生活から現実逃避するかのように、自分の頭にひらめくパイを作り続ける。そんなある日、アールの子を妊娠していることに気付く。訪れた産婦人科の若いポマター医師(宮野真守)に、「妊娠は嬉しくないけど産む」と正直に身の上を打ち明ける。

ジェナのウェイトレス仲間も、それぞれ自分のことで悩む日々。ドーン(宮澤エマ)は、オタクの自分を受け入れてくれる男性がこの世にいるのかと恋愛に臆病だが、出会いを求め投稿したプロフィール欄にオギー(おばたのお兄さん)からメッセージが届き困惑する。また、姉御肌のベッキー(Wキャスト:LiLiCo/浦嶋りんこ)は、料理人のカル(勝矢)と毎日のように言い争っている。ベッキーは病気の夫の看病と仕事を両立しているのだった。

ある日、店のオーナーのジョー(佐藤正宏)が、ジェナに「全国パイづくりコンテストに出場し、賞金を稼いだらどうか?」と提案する。その言葉をきっかけに、ジェナは優勝して賞金を獲得できたら、アールと別れようと強く決心する。

診察を受け、身の上話を語るうちに、ポマター医師に惹かれはじめるジェナ。ポマター医師もまた、ジェナへの想いを抑えられず、二人はお互いが既婚者と知りながら、一線を越えてしまうのだった。

そして、ジェナの出産の日は、刻一刻と近づいていく……。

(公式サイトstoryより)

 

 もともとはアメリカの映画が原作みたいです。

 

感想

実は今回、一切あらすじとか役どころとかを見ないで見に行ったんです。

そしたらさあ!!推し、不倫相手役じゃん…???しかも結構どろどろしてるっていうか…これ世間ではキュートでポップで楽しいに含まれるんだ?!みたいな。もっとなんか、平和な話を想像してたんだけど…。という感じで最後までどぎまぎしてしまったので個人的にはあんまり…って感じかな…。

全体的に言うと歌はとっても素敵でした。どれもとってもおしゃれで、曲だけなら普通に聞きたいレベル。メイン…というかキーになるシュガー、バター、って入ってる曲が劇中のキーポイントに使われていたのもよかったです。というか最後にそれを歌ってた時の英語の発音ヤバかったな。

あとセットが本当にすごかった!よくあんな大きなものを出したりひっこめたり…後ろがしっちゃかめっちゃかなんだろうな…。普通に壁とかキッチンが一つの動かせるセットとして出てくるのやばいな…上から家の壁降りてくるしな…。場所によっての照明とか看板とか、背景の空の色とかも変わっていてすごいなと思いましたね。同じ舞台上なのに全然別の場所みたいで。パイのお店も雰囲気かわいかったなあ。

それから劇中でパイを作るくだりが何回かあるのですが、これ実際に作ってる…??ちゃんと牛乳は液体でどばーっと入れてたし、卵割ってたし、パイ生地伸ばしてお皿にはめてたし…。どこまで本当に作ってるかはわからないのですが振りじゃなくて本当に物を使ってるのが細かいなあ!と感心しました。1階席の前のほうからだったからあまり見えなかったけど、2階席とかなら中身ちゃんと見えたのかな。

 

そして印象に残った人たちについても感想。

 

ジェナ/高畑充希さん

歌がうますぎる…!!びっくりしました。普段しゃべってる感じからは想像できないくらい、静かに歌う歌も激しく?歌う歌もすっごく上手でアメリカっぽい感じも出ていたしすっごくよかったです。ジェナのために生まれてきたんじゃないかと思うくらいそれ以外の人物が思い浮かばない。にしても病院にまでパイを持っていくのはどうかと思う。

 

ポマター/宮野真守さん

本当に脚が長いね…何回か若干アクロバティックな動きしてたけど脚スゲーなと感動してました。あとパイを初めて食べたみたいな顔でほおばるのかわいすぎ。脚ぶらぶらさせてルンルンで食べながらはけるのやばかったですね…時々笑いも挟んできてめちゃくちゃ楽しんでるな…と思いました。歌は相変わらずうまかった。

 

ドーン/宮澤エマさん

今回初めて名前を知った方だったのですがえっこないだボクらの時代で話してた方ですか?!全然印象違うし役がかわいすぎるんですけど…すごいなあ。ドーン見ててなんか似たような子見たことあるような…?って思ったらディセンダントのディジーでした。声の感じとか喜び方とかめちゃくちゃ似てた。

 

オギー/おばたのお兄さん

なんか…やべえ人出てきたな…と。あの妙にオタクっぽいというか変人ぽいしゃべり方とかはあの方がお笑いやってるからああいう演じ方になるのか、それとも演技がめちゃくちゃうまいからああなるのか、どっちなんだろう…存在感がやばかったですね。個人的にはもし2次元で声が付くなら絶対に福山潤さんの声がするなと思いました。

 

というわけで今回はミュージカル ウェイトレスの感想でした!

一緒に見に行った母は面白かったしよかったと言っていたのですが個人的にはうーん…って感じだったのでちょっと残念だったかな。まあ恋愛とかゴシップとかが好きな世間一般からしたら面白いんだろうな…。私はそういうのがあんまり得意じゃないのでもっと身の丈に合ったやつを見たいと思います…しばらくは2.5次元だけ見てようかな…。宮野さんも年齢的にこういう役が来るというのも考えなきゃですね…さすがにWSSみたいな若者役はもうなかなかできないもんなあ…。今後は慎重にチケット取ろうっと。

 

それではまた明日。